退職代行 退職代行オススメ業者

安心・安全な退職代行おすすめ3社 !【他社比較でスッキリ】

2021年11月9日

退職

・法律に違反していない、安全な退職代行業者はどこ?

・実績、サービス内容、価格を総合してコスパのいい業者を知りたい。

・スムーズに退職に導いてくれる業者はどこ?

こんな数々のお悩みを解決します!

 

本記事の内容

退職代行業者おすすめ3社

【重要】業者選びのポイント

よくあるお悩み9個

 

今回は、『合法かつ安全な退職代行業者』をご紹介します。

 

「どうしても退職したいけど、上司が面倒で…業者を使うからには、絶対トラブルになりたくない…」とお悩みですよね。

 

業者選定を間違えると、会社から訴えられてトラブルになり、気まずい状態で出社…なんてケースもあります。

 

加えて、「安さ」だけを追い求める方もいらっしゃいますが、本当に危険なのでやめてください。

 

きっちり依頼者をサポートするには、人件費など相当なコストがかかって当然です。

 

他社より安くできるのは、何かしらの「裏」があるかもしれません。

 

業者選定であなたの命運は分かれるので、本記事のおすすめ業者をしっかりチェックしてくださいね。

 

先にお伝えしておくと、本記事経由で累計280名以上の方が退職されていますが、トラブルは0です。

 

おすすめ業者の中に、「よくネットで目にする業者がない!」と思われるかもしれませんが、根拠があるのでどうぞ順番にご覧ください。

 

本記事を読んで、安全な退職代行業者を『他社比較つき』で知り、「業者に丸投げ」で耐えがたい苦しみから解放されましょう。

 

【疑問は無料で解決できます】

以下のようなお悩みは、しっかり専門業者へ聞くのが安心です。

LINE(匿名でOK)で聞け、利用しなくても料金は発生しません。

まずは、無料で全疑問点を解決してくださいませ。

\確実・即日・24時間365日OK/

【安全】おすすめ第1位のHPへ

【安心・安全】退職代行業者おすすめ3社

オススメ

おすすめ退職代行業者3つを、順番にご紹介していきます!

 

第1位 退職代行ガーディアン

ガーディアン

ガーディアン

 

運営元東京労働経済組合(全国対応)
利用可能な雇用形態正社員 / 派遣社員 / 契約社員 / アルバイト / パート

※HPに契約・派遣社員に関する利用の記載がなかったので直接調査済

料金(税込)一律 ¥29,800
支払方法クレジットカード / 銀行振込
サービス内容・法に適合した合同労働組合の適正業務で安心退職

・24時間対応(回数無制限)

・会社への連絡、残業代・退職金・有給消化などの各種交渉

・会社への出社や連絡は一切不要

・追加料金一切なし

連絡方法LINE / 電話
特典内容・退職届テンプレート
(スマホでは左右にスクロールできます)

 

『退職代行ガーディアン』は、東京労働経済組合(TRK)が運営する非常に信頼性の高い業者です。

 

TRKは運営歴22年と業界の中でもかなり長く、他業者でも対応不可な案件でも対応できるケースも多い優秀な退職代行業者ですよ。

 

また、編集長として複数回ガーディアンさんとやり取りした経験があるのですが、やり取りも1番丁寧でした。

 

退職代行業者を使う上で、「担当者どんな人なんだろう…怖い人だったら嫌だな…」なんて疑問もありますよね。

 

ガーディアンさんなら、そんな心配も不要。自信をもっておすすめできます。

 

相談からのレスポンスも素早いので、一度LINEの無料相談から始めてみてくださいね!

 

ちなみに、本記事からのお申込みが多いのも、やはりガーディアンさんです。

 

不明点はLINEの無料相談で全て解決してくれる(最悪申し込まなくてもOK)ので、まずはお気軽に相談してみてください!

 

退職代行ガーディアンへ無料相談

 

ガーディアンの口コミ・評判が気になる方は、『口コミ・評判のまとめ記事』をどうぞ!

 

第2位 退職代行Jobs

Jobs

Jobs

 

運営元株式会社アレス / 合同労働組合ユニオンジャパン(全国対応)
利用可能な雇用形態正社員 / 派遣社員 / 契約社員 / アルバイト / パート
料金(税込)利用料 ¥27,000 + 労働組合費 ¥2,000 = 一律 ¥29,000
支払方法クレジットカード / コンビニ決済 / 現金翌月払い(paidy) / 銀行振込
サービス内容・顧問弁護士指導の適正業務で安心退職

・24時間相談受付(回数無制限)

・会社への連絡、残業代・退職金・有給消化などの各種交渉

・退職できなければ全額返金

・会社への出社や連絡は一切不要

※追加料金は給付金サポートを除き一切不要

連絡方法LINE / 電話 / メール
特典内容・現金後払い可能(簡易審査あり)

・弁護士監修 退職届テンプレート

・業務引き継ぎ書テンプレート

(・無料転職サポート) ⇒ 次章で説明しますが使用しない方が吉

・給付金サポート(※別途費用発生)

・社宅や寮の方向けの引っ越しサポート

・退職後、顧問弁護士との無料カウンセリングサポート

(スマホでは左右にスクロールできます)

 

退職代行Jobsは、顔出しで現役弁護士が監修する信頼性の高い退職代行業者です。

 

なんといってもJobsの魅力は、特典の手厚さ。

 

退職代行を使用した後、「この先どうしよう…大丈夫かな…」とうっすら不安な感情が出るはず。

 

そんな時に、無料で弁護士のカウンセリングサポートを受けられるのは、とても貴重ですよね。

 

Jobsとも編集長として、何度かやり取りしたことがありますが、返信がものすごく速かったです。

 

特に、時間の無くて手厚いサポートを受けたい方向け。
筆者YU

 

Jobsメディアの掲載も豊富な有名業者の1つなので、まずは無料LINE相談で疑問点を解消してくださいね!

 

退職代行Jobsへ無料相談

 

Jobsの口コミ・評判が気になる方は、『口コミ・評判のまとめ記事』をご覧ください。

 

第3位 弁護士法人みやび

みやび

みやび

 

運営元弁護士法人みやび(全国対応)
利用可能な雇用形態正社員 / 派遣社員 / 契約社員 / アルバイト / パート
料金(税込)着手金 ¥55,000 + 追加費用(残業代・退職金請求など、回収額の20%)
支払方法銀行振込
サービス内容・最も安全な"弁護士"で安心退職

・24時間対応(回数無制限)

・会社への連絡、残業代・退職金・有給消化などの各種交渉

・会社への出社や連絡は一切不要

会社が"訴訟"をしてきても弁護士なので代理人として対応可

連絡方法LINE / メール
特典内容・退職届テンプレート
(スマホでは左右にスクロールできます)

 

『弁護士法人みやび』は、法律の専門家である弁護士運営のため3社の中で最も安心です。

 

最も安心できる理由としては、仮に会社が訴訟を起こしてきた場合も、そのまま代理人として対応できるから。

 

ガーディアン・Jobsは弁護士資格まではないため、裁判の代理人にはなれず、別途弁護士を雇う必要があるんですよね。

 

ただし、訴訟を起こすには多大なコストと労力がかかるため、一般的には訴訟リスクは低いです。

 

「費用がかかってもいいから、最も安心できる状態で退職したい…」という方は、弁護士法人みやびをおすすめします。

 

弁護士法人みやびへ無料相談

 

みやびの口コミ・評判を知りたい方は、『口コミ・評判の記事』をどうぞ!

 

業者とやり取りなどせず、上辺だけの情報で集客しているサイトが多いです。

退職失敗にならぬよう、まずは事前に無料相談されておくことをおすすめします。

 

【重要】業者選定する上で重要視したポイント

ポイント

業者選定で重要視したポイントは、『本当に弁護士 or 合同労働組合(ユニオン)が運営しているか』です。

 

なぜなら、退職交渉できる権利がない業者に依頼してしまうと、スムーズに退職できないから。

 

弁護士や合同労働組合ではない、一般企業(株式会社)運営の業者だと、残業代や退職金などの『交渉』が法律で禁止されているのです。

 

つまり、下手すれば会社から業者が訴訟を受け、あなたも事情聴取に巻き込まれる可能性すらあるということ。

 

弁護士運営は、所属場所などを見れば判断できるのですが、合同労働組合の判断が難しいんですよね。

弁護士法人みやび

 

そんな中、本当に合同労働組合か見分けるには、『振込先が㈱になっていないか』が1つの判断基準になります。

Jobs

引用元:退職代行Jobs

 

ぼく自身元々銀行で法人営業をしていたので、『実体のない団体は口座開設できない』ことをよく知っています。

 

ということで、ネット上でよく聞く退職代行業者の情報を整理しますね。

SARABAニコイチEXIT辞めるんです
料金(税込)¥25,000¥27,000¥50,000¥27,000
振込先株式会社株式会社株式会社株式会社

 

最終判断はお任せしますが、前職の知見・編集長としての知見を合わせた上で、おすすめ業者を選びました。

 

「迷うなぁ。どうしよう。」という方は、もう一度おすすめ業者3選を最初から見てみてください。

 

安心安全・最低限の作業以外は「ほったらかしでOK」な業者選定できると、心おだやかに退職を迎えられますよ!

 

こちらをクリックして、『おすすめ業者3選』を最初からみる!

 

あともう一つ、お伝えしたいことがあります。

 

それは、あなたがいなくても組織は回るということです。

 

というのも、実は現職(同部門の方)で退職代行を使われた経験があります。

 

正直、当日はみんな焦った様子でしたが、『法律に基づいての交渉』を受けたため、上司も抵抗せず淡々と退職手続きを進めていました。

 

今となってはその事案について同僚と会話することもなく、当日も上司と業者のやり取りだけでスムーズに進んでいました。

 

それくらい、1人抜けただけじゃビクともしないのが会社組織です。

 

そして、同僚が使った業者がまさに、当ブログおすすめ1位の退職代行ガーディアンでした。

 

\確実・即日・24時間365日OK/

【安全】おすすめ第1位のHPへ

 

退職代行についてよくあるお悩み9個

疑問

退職代行を使用にあたり、様々な"不安"や"疑問"をお持ちですよね。

 

そこで、よくあるお悩み9個を順番に解説していきます。

  • 退職代行のメリット・デメリット
  • 退職代行は"甘え"なの?
  • 転職先や親にバレるの?
  • 転職で不利になるの?
  • 使用する際の注意点は?
  • 懲戒解雇の可能性はあるの?
  • 損害賠償の可能性はあるの?
  • 引き継ぎなしで大丈夫?
  • バックレても大丈夫なの?

 

退職代行のメリット・デメリット・業者の選び方・流れ

退職代行のメリット・デメリット・業者の選び方・使用の流れは以下記事で詳しく解説しています。

 

本記事では内容を抜粋して、下記に要約しますね。

退職代行を使用するメリット

・社内の人間とのやり取りが不要

・執拗な引き止めに合う心配がない

・メンタル面への負担を軽減できる

・確実に退職できる

退職代行を使用するデメリット

・費用が発生する

・円満退職できる可能性が極めて低くなる

・違法業者に依頼するとスムーズな退職ができない可能性がある

退職代行使用時の流れ5step

➀まずはLINEや電話で連絡する

➁担当者との詳細な打ち合わせを実施

➂サービス費用のお支払い

➃代行業務スタート(業者から都度経過報告あり)

⑤退職後のアフターフォロー

 

退職代行を"甘え"だと感じてしまう方へ

結論、甘えではないケースと甘えに該当するケースがあります。

 

具体的に甘えではないケースと甘えに該当するケースは下記のようなケースです。

甘えではないケース

・上司が退職を聞き入れてくれず嫌がらせを受け始めた

・普段からのパワハラ等により体調を崩しそうな場合

 

甘えに該当するケース

・退職したい理由が甘すぎる

・あなたの勤務態度が原因で退職できない環境を招いている

・単に上司とのコミュニケーション不足で退職を言い出せない

 

本記事のご覧のあなたは甘えに該当するケースでない方がほとんどだと思いますが、気になる方は以下記事をご参照下さい!

 

退職代行は転職先や親にバレるのか

結論、例外的にバレるケースと対策を知っておけば、バレる可能性は基本的にありません。

 

具体的なバレない理由と、例外的にバレるケースは下記の通りです。

バレない理由

・個人情報保護に厳格な退職のプロ集団だから

・労働組合法などに基づき第三者へ連絡しないよう伝えてくれるから

・法律により"前職調査"が禁止されているから

・【補足】退職代行を使用した知人も誰1人としてバレていません

例外的にバレるケースと対策

・退職代行を使用したことを自ら公言してしまう

・緊急性が高い確認事項があり親に連絡されてしまう

・会社からの大きな荷物を見られてしまう

・前職と転職先が繋がっている

 

詳細は以下記事で詳しく解説しておりますのでご参照下さい!

 

退職代行は転職で不利になるのか

結論、退職代行の使用で転職に不利になることは全くありません。

 

具体的に転職に不利にならない理由や、退職後の転職活動での注意点は下記の通りです。

転職で不利にならない理由

・個人情報保護によりそもそも退職代行を使用したことがバレない

・退職代行の使用は"自己都合退職"になるから

・大切なのは退職方法ではなく退職"理由"

退職代行使用後の転職活動での注意点

・再就職までに期間が空かないよう即行動する

・退職代行業者提携の転職サービスは使用しない

 

詳細は以下記事で詳しく解説しておりますのでご参照下さい!

 

退職代行を使用する際の注意点

退職代行使用時の注意点7つは以下記事で詳しく解説しております。業者選びの前に目を通して頂けると幸いです。

 

退職代行使用時の注意点

・非弁行為を行っている"一般企業"に退職代行業務を依頼しない

・会社と交渉できるのは弁護士だけではない

・退職後に会社とのやり取りがないよう必要書類は事前に調査する

・会社からの依頼は早急に対応する

・可能であれば引き継ぎ資料だけでも作成しておく

・業者選びの際に追加料金の有無をしっかり確認しておく

・業者の提携転職サービスは安易に使用すべきではない

 

最も注意すべきなのは、"一般企業"に退職代行業務を依頼しないことです。

 

理由は退職金や未払い残業代、有給消化などの交渉は『法律事務』に該当するため、"団体交渉権"をもった労働組合か弁護士しか対応できないからです。

 

これらを一般企業が行ってしまうと非弁行為(弁護士法違反)にあたり、退職がスムーズに進まない可能性が高く、運悪く会社から訴えられると事件に巻き込まれる可能性があります。

 

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

弁護士法第72条

 

退職代行で懲戒解雇される可能性はあるのか

結論、退職代行で懲戒解雇される可能性はほぼ0%です。

 

なぜなら、退職代行の使用自体は法律違反ではないですし、就業規則の中に『退職代行を使用すると懲戒解雇する』と明記されている会社はないからです。

 

懲戒解雇とは懲戒処分の中でも最も重い処分で、再就職が難しくなるなど懲戒解雇を受けたことによるダメージはすさまじいため簡単にはできません。

 

ただし、懲戒解雇を受けないためにも下記2点には注意が必要です。

・退職代行使用前から既に無断欠勤している

・退職届は必ず2週間以内に送付する

 

以下記事では懲戒解雇や懲戒処分の意味、会社は懲戒解雇を簡単にできるのかなど詳しく解説しております。

 

ご興味ある方はぜひご参照下さい!

 

退職代行で損害賠償請求を受ける可能性はあるのか

結論、退職代行により損害賠償請求を受ける可能性はポイントさえ押さえておけばありません。

 

具体的なポイントは下記の通りです。

・しっかり引き継ぎを行う

・会社の業績に大きな影響を与える時期の退職は慎重に

・退職代行使用前からの無断欠勤はしない

・有期雇用の方は雇用期間中の退職代行は避ける(例外あり)

 

また、一般的に損害賠償請求を受けるケースは下記のようなケースです。

・会社の機密情報を漏洩した

・会社に不名誉を与えた

・会社に損害を与えた

・同僚を引き抜いた

・会社からの貸与品を紛失または破損させた

・会社をバックレた

・会社の支援を受けて行った研修や留学後すぐに退職した

 

詳細は以下記事にまとめておりますのでご一読下さい!

 

退職代行は引き継ぎなしで大丈夫なのか

結論、引き継ぎに法律上の義務はないですが、心身状態的に可能であればすべきです。

 

なぜなら、引き継ぎをしないと下記4つのリスクがあるからです。

・損害賠償請求を受ける

・会社から交渉を受ける

・退職金が減額または不支給となる

・親に連絡される

 

円滑な退職ができない以外にも金銭的なリスクがあることがお分かり頂けると思います。

 

Excelでも手書きでも良いので引き継ぎはしっかり行うことを推奨します。

 

詳細は以下記事をご参照下さい!

 

『退職代行Jobs』を使用すると引き継ぎ書のテンプレートがもらえますよ!
筆者YU

 

退職代行とバックレ 賢明なのはどちらか

結論、バックレだけは絶対にNGです。退職代行を使用する方が賢明です。

 

なぜなら、バックレは退職代行と比較して今後の人生に与えうるリスクや他人への迷惑度合いが違いすぎるからです。

 

バックレによるリスクは下記9つもあります。

・退職金が減額または不支給

・損害賠償請求を受ける

・懲戒解雇を受ける

・親に連絡される

・上司や同僚からの猛烈な着信

・緊急連絡先(親)への連絡

・捜索願を出される

・上司が家や実家にくる

・退職手続きが進まない

・転職活動に影響がでる

 

ご覧の通りバックレると今後の人生を大きく狂わせる可能性が高いです。

 

更に詳細を知りたい方は以下記事をご参照下さい!

 

業者提携の転職エージェントは使用すべきでない理由

NG

退職代行業者と提携している転職エージェントは全くオススメできません。

 

理由は、提携しているエージェントは中小企業が多く、大手と比べると非常に求人数が少ないからです。

 

コロナ影響で求人数が減少傾向にあるため、多くの求人数をもった転職エージェントを選択する必要があります。

 

例えば、大手なら下記の求人を多く保有しています。これらの中に優良求人が多く眠っています。

・転職エージェント経由でしか応募できない『非公開求人』

・特定の転職エージェント経由でしか応募できない『独占求人』

 

業者提携の転職エージェントを使用すると、「~をプレゼント!」などと謳っていますが、優良企業に入社したいなら大手を使用すべきです!

 

退職後、再就職までの期間が空けば空くほど転職しづらくなりますので、転職活動もお早めに進めて下さいね。

 

転職活動に関しては以下記事をご覧頂ければ1歩踏み出すことができます。

 

まとめ:退職代行業者選びは慎重に

まとめ

退職代行選びは、本当に慎重に行うべきです。

 

なぜなら、間違った業者を選ぶと下記のような重大なリスクがあるからです。

  • 退職できず出社させられる
  • 親へ連絡される
  • 訴訟を受け事情聴取される
  • 有給消化ができない
  • 未払い残業代を請求できない

 

累計200名以上をサポートした実績のある本記事で、ぜひ一歩踏み出しましょう。

 

疑問点がある方は、以下リンクからLINEの無料相談をしてくださいね。
筆者YU

 

1位 退職代行ガーディアンへ無料相談

2位 退職代行Jobsへ無料相談

3位 弁護士法人みやびへ無料相談

  • この記事を書いた人

YUブロ編集部

編集長YUの経歴:上場銀行▶上場メーカー | ハイクラス転職活動経験あり | 自身の体験に基づいた転職・退職の記事を投稿 | 転職記事に関しては500名以上の転職成功実績をもつ『某大手現役キャリアアドバイザー』に監修済