【2024年最新版】安心・安全な退職代行おすすめ3社!デメリットも記載

悩む人

・もう限界。これ以上職場に居たら心身を壊しそう…
・メンヘラ上司と一言も話さず退職する方法ないの…
・誰か代わりにめんどうな退職手続きやって欲しい

こんな風に感じている方には、退職代行サービスの利用検討がおすすめです。

メンヘラ上司や同僚と二度と顔をあわせることなく、その日のうちに退職できるので、ストレスもありません。

しかし、中には法律違反の悪徳業者も存在することから、安心・安全な業者選びが重要です。

そこで今回、合法かつ全額返金保証までついた人気の退職代行サービスを、3つ厳選してご紹介します。

本記事を読むと退職代行サービスの正しいえらび方がわかり、毎日の憂鬱気分から解き放たれますよ!

退職代行トリケシLP
出典:退職代行トリケシ

\ 退職実績3,500件超・全額返金保証つき /

目次

そもそも退職代行サービスとは?

そもそも退職代行とは、「労働者に代わって、会社へ退職の意思を伝えるサービス」のこと。

それ以外にも、サービスによっては有給休暇の消化未払い給与の支払い交渉をおこなってくれるところもあります。

編集長ゆう

サービスによってできることが違うので、しっかり解説していきますね。

法律に則って退職できるサービス

まず、退職代行と聞くと「違法じゃないの?なんだか怪しいし…」と感じる人がほとんどではないでしょうか?

実際は民法627条に則(のっと)って退職できるサービスであり、違法ではありません。

民法627条
出典:e-Gov法令検索

簡単に言うと、労働者には退職を伝えて2週間が経過すれば、退職する権利があるんです。

編集長ゆう

上司がなんと言おうと、法律に則っているため問題なく退職できます。

3つのタイプがある【おすすめは労働組合運営】

退職代行サービスは、対応可能な範囲ごとに次の3つのタイプに分けられます。

編集長ゆう

おすすめは労働組合運営のサービスです!

スクロールできます
タイプ民間業者労働組合弁護士
基本料金20,000〜25,000円25,000〜30,000円30,000〜50,000円
交渉・訴訟対応
込みの料金
25,000〜30,000円
(交渉のみ)
50,000〜100,000円
退職意思の
連絡
有給休暇の
交渉
未払い給与の
交渉
訴訟対応

民間業者は料金が安い代わりに、退職意思の連絡しか対応してもらえません。

弁護士は万が一訴訟を起こされた場合にも対応できますが、料金がかなり割高。

労働組合なら訴訟以外のすべてに対応できるので、もっともコスパがいいといえます。

編集長ゆう

こちらでも補足していますが、従業員1人のためにわざわざ訴訟する可能性は低いでしょう。

>>【全額返金保証つき】おすすめ3社を見てみる

最短その日から、出社の必要がなくなる

退職代行を使うと最短即日で会社を辞められるため、上司や同僚に一切会わなくていいのもメリットです。

先ほどお伝えしたように、法律に沿って退職するまでに、2週間は必要です。

民法627条

しかし、有給休暇や欠勤を組み合わせて2週間先を退職日に設定すれば、それ以上出社せずに済みます。

なお、有給が残ってなくても会社の合意があれば即日で辞められ、2週間待つ必要はありません。

さらに過度な残業・パワハラ・いじめなど「やむをえない事情」があれば、民法628条で即日の雇用契約解除も認められています。

編集長ゆう

どのサービスもLINEで無料相談できるので、気軽に確認してみてくださいね。

退職代行サービスを使うデメリット

退職代行サービスの利用には、次のようなデメリットもあります。

編集長ゆう

デメリットも踏まえたうえで利用を検討しましょう!

悪徳業者が存在している

退職代行が有名になりサービス提供者が増えたことで、法律違反をする業者や悪徳業者も一部でみられます。

法律違反や悪徳業者の例
  • 振込後に音信不通になる
  • 専門知識がなく交渉できない
  • 名ばかりの会社で実体がない
  • 退職の旨を伝えてサポートしない
  • 格安料金を提示し追加料金を取る

このような業者に当たらないためには、次の4点を意識してサービスを選びましょう。

  • 労働組合が運営・提携している
  • 顧問弁護士が監修している
  • 運営会社の事業が明確である
  • 料金が2〜3万円前後(追加料金なし)

当ブログおすすめ3社は労働組合運営で安心

ちなみに、当ブログでおすすめしている3社は労働組合が運営・提携しています。

【全額返金保証つき】おすすめ3社
編集長ゆう

有給休暇や未払い給与の交渉にも対応しているので、安心して利用できますよ。

約2〜3万円の費用がかかる

退職代行の最大のデメリットは、約2〜3万円の費用がかかることでしょう。

ここを惜しむ人は、残念ながら退職代行サービスの利用は向いていません。

反対に、「お金をかけてもストレス0で苦痛から開放されたい!」と考える人にはぴったりです。

編集長ゆう

自由を取り戻せるなら安いか…」と思えるなら、利用する価値はあるでしょう。

円満退職は難しい

退職代行を利用した場合、円満退職は難しいと考えたほうがいいです。

業者を通して退職を言い渡されたら、さすがにいい気はしないですよね。

しかし、そもそもこの記事をご覧のあなたは、メンヘラ上司やブラック企業に追い込まれているはず。

編集長ゆう

通常どおりに退職したとしても、どっちみち円満退職は難しいですよね。。

であれば、円満退職にこだわる必要はないでしょう。

安心・安全のおすすめ退職代行3社【全額返金保証あり】

ここでは、安心・安全のおすすめ退職代行3社をまとめました。

スクロールできます
サービス名退職代行
トリケシ
リーガル
ジャパン
退職代行
jobs
ロゴ退職代行トリケシロゴリーガルジャパンロゴ退職代行jobsロゴ
料金25,000円27,000円29,000円
運営元労働組合労働組合労働組合
相談方法LINE
メール
LINE
メール
LINE
メール
電話
対応エリア全国全国全国
対応時間24時間24時間24時間
対応範囲会社への代行連絡
有給休暇申請サポート
必要書類の受け取りサポート
転職支援
失業保険の紹介
給付金申請サービスの紹介
会社への代行連絡
退職届の作成サポート
有給消化サポート
転職支援
失業保険の紹介
会社への代行連絡
有給休暇申請サポート
弁護士による交渉
転職支援
引っ越しサポート
退職成功率100%100%100%
保証全額返金全額返金全額返金
支払い方法クレジットカード
銀行振込
モバイル決済
クレジットカード
銀行振込
モバイル決済
クレジットカード
コンビニ決済
現金翌月払い
銀行振込
特徴退職実績3,500件以上
LINEで完結
労働組合加入費込み◎
郵送のみ手続き完了
アフターサービスが充実
弁護士監修で安心
全都道府県で代行実績あり
現金後払いOK
最短30分で手続き完了
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
編集長ゆう

それぞれくわしくご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1位:退職代行トリケシ

料金25,000円
※労働組合加入費0円
運営元労働組合
相談方法LINE
メール
対応エリア全国
対応時間24時間
対応範囲会社への代行連絡
有給休暇申請サポート
転職支援
失業保険の紹介
給付金申請サービスの紹介
退職成功率100%
保証全額返金
支払い方法クレジットカード
銀行振込
モバイル決済
公式サイト詳細を見る
退職代行トリケシのおすすめポイント
  • 退職実績3,500件以上あり(即日退職OK)
  • LINEですべて完結
  • 労働組合加入費込で安い

退職代行トリケシは、退職実績3,500件以上を誇る、その日の内に退職できる人気サービスです。

手続きはすべてLINEで完結するため、深夜でも早朝でも、手軽に連絡・相談できます。

さらに料金は他社で加算されがちな労働組合加入費込みなので、この3社の中でも最安。

少し安いからといって、サービス内容が手薄などではなく、手厚いサポート体制も整っています。

編集長ゆう

実績的にもトリケシをえらべば間違いなしです。

\ 退職実績3,500件超・全額返金保証つき /

2位:リーガルジャパン

料金25,000円
+労働組合加入費2,000円
運営元労働組合
相談方法LINE
メール
対応エリア全国
対応時間24時間
対応範囲会社への代行連絡
退職届の作成サポート
必要書類の受け取りサポート
有給消化サポート
転職支援
失業保険の紹介
退職成功率100%
保証全額返金
支払い方法クレジットカード
銀行振込
モバイル決済
公式サイト詳細を見る
リーガルジャパンのおすすめポイント
  • 労働組合が運営・弁護士が監修で安心
  • 全額返金保証あり・即日退職OK
  • 転職支援や失業保険の紹介などアフターサービスも充実

リーガルジャパン労働組合が運営・弁護士が監修するサービスです。

必要な手続きはすべて郵送でOK、職場への連絡も不要で、安心の全額返金保証もあります。

編集長ゆう

LINEで気軽に無料相談できる(本名明かす必要もなし)のもポイント。

転職支援や失業保険の紹介など、アフターサービスも充実しており、おすすめのサービスです。

\ 全額返金保証・安心の労働組合運営 /

3位:退職代行Jobs

料金27,000円
+労働組合加入費2,000円
運営元労働組合
相談方法LINE
メール
電話
対応エリア全国
対応時間24時間
対応範囲会社への代行連絡
有給休暇申請サポート
弁護士による交渉
転職支援
引っ越しサポート
退職成功率100%
保証全額返金
支払い方法クレジットカード
コンビニ決済
現金翌月払い
銀行振込
公式サイト詳細を見る
退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 労働組合と連携・弁護士が監修
  • 現金後払いOK・全額返金保証つき
  • 最短30分で手続き完了

退職代行Jobsは、労働組合と連携・弁護士が監修しているサービスです。

全都道府県で退職代行実績があり、LINEにて最短30分で手続きができるサポート体制を整えています。

編集長ゆう

急ぎ代行して欲しい時も安心ですね。

朝日新聞・読売新聞など、メディア掲載実績も豊富で、提携サービスが多いのも特徴です。

LINEへの無料登録だけでも、「退職届テンプレート」などがもらえるので、ぜひのぞいてみてください。

\ 最短30分で手続き・全額返金保証つき /

>>【全額返金保証つき】退職代行おすすめ3社を最初から見る

退職代行サービスについてよくあるQ&A

ここからは、退職代行サービスについてよくある質問に回答します。

転職先や親にバレるリスクはない?

会社が第三者に個人情報を漏らすことは禁じられている(守秘義務)ので、転職先へ伝わる可能性はほぼありません。

親については、家族へ連絡しないよう退職代行サービス側から会社に、希望を伝えてくれます。

無断欠勤などで所在がわからない場合であれば、安否確認の意味も込めて、親(保証人)へ連絡する可能性はあります。

しかし、退職代行をつかって退職する旨を伝えていれば、わざわざ保証人に連絡する必要がありません。

退職金や未払い給与、残りの有給はもらえる?

今回紹介したおすすめ3社は労働組合が運営しているため、すべてきっちり交渉してくれます。

働いた分の対価はもちろん受け取る権利があるので、全額受け取りましょう!

退職代行の具体的な流れは?

基本的に、どのサービスも次の流れです。

  • LINE無料相談
  • 入金
  • 連絡前のヒアリング
  • 会社へ退職連絡
  • 退職完了

各サービスとも、読み進めるだけでわかるような手続きテンプレを用意しています。

よりくわしい手順が知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

退職代行を利用しても訴訟されないの?

結論、0%とは言えませんが、訴えられるケースは低いと言えます。

なぜなら、会社が訴訟する場合、訴訟費用・弁護士費用など多額のお金がかかるからです。

わざわざ従業員1人の退職のために、時間とお金をかけてまで訴訟するメリットがないですよね。

ただ、あなたしかわからない業務がある場合は、退職代行業者のやり方に従い引き継ぎ書を作っておきましょう。

編集長ゆう

不安な点は、LINE無料相談ですべて解決してくださいね。

>>【全額返金保証つき】おすすめ3社に戻る

退職代行サービスを活用して苦痛から解放されよう

退職代行を使うのは後ろめたく感じるかもしれませんが、何より大事なのはあなたの心身の健康です。

「上司の顔も見たくない」「あと1日すら働きたくない」と感じるなら、それはもう限界のサイン。

苦痛や不調を押し通してつらい仕事を続けるより、きっぱり退職して前に進むため、退職代行サービスを活用してください!

退職代行トリケシLP
出典:退職代行トリケシ

\ 退職実績3,500件超・全額返金保証つき /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

上場銀行▶上場メーカー▶︎フリーランス | 第二新卒で年収80万円アップの未経験転職経験あり | うつ/吃音での休職を乗り越え、20代で年収1,000万円超え達成 | 自身の体験に基づいた転職/退職のノウハウを発信しています

目次